1. ホーム > 
  2.  Creation >
  3.  写真・カメラ

解像感がヤバい。SIGMA DP2 Merrillが凄すぎるらしい

2012/7/29 - 写真・カメラPhoto , Camera , Japan

20120729sDP2 merrill

SIGMAから DP2 Merrill という、コンデジの皮を被った底知れないカメラが発売されることは知っていたのだけれど、フォビオンがどんなセンサーか知っていたし、「まあ初代DP1あるし、別にいいか」程度に考えていました。が。

DP2 Merrillが中判カメラをも超える超弩級コンデジだった件 というレビューを見つけて、物凄い解像感を持つ写りが心の琴線に響いてしまい、中野のフジヤカメラに直行・・・。
レンズや機材をどっさり下取りに出して、24,000円でDP2 Merrillを購入してきました。まだほとんど撮影してないけれど、今回のブログ記事は、そのレビューと作例です。

DP2 Merrill
以前のDPと違い、白い箱で登場。相変わらずシンプルで気持ち良い梱包です。
バッテリーの持ちが悪い、という評判を見ていたので、バッテリーが2つ入っていたのは有難い誤算でした。
また、初代DP1に比べてずっしり重いのですが、例えるならDP1は中に空間が多くて、こちらはギッシリ詰まってるような、そんな印象です。

さっそく外に持ち出して試し撮りです。
ISOは100、ホワイトバランスはオート、RAWからの現像です。

DP2 Merrill 作例1
≫ 等倍写真


近所のヒマワリを撮影。(画像クリックで等倍画像の作例)
何も気にせず、開放気味で撮ってしまったのですが、ピンの来ているヒマワリの中央がヤバイくらいに解像されています。正直、フォーサーズをメインで使っていると、こういう画像は拝めないので新鮮です。

DP2 Merrill 作例2
≫ 等倍写真


手前の両脇にある木にピントを合わせて、少し絞ったところ(F4.5)。
逆光でも偽色がほとんど無いのと、近くの葉っぱや芝生の草がみんなハッキリ写っているのが好印象。ピントが来ているところは、明らかにコンデジより(当然)、フォーサーズより、初代DP1よりも解像感がある気がします。(誰か裸で寝てますねw)

DP2 Merrill 作例3
≫ 等倍写真


ヒマワリをもう1枚。
流石に 猛暑が猛々し過ぎて この辺で炎天下から退散・・・。

DP2 Merrill 作例4
≫ 等倍写真


日陰で写したボケも悪くない感じです。
ただホワイトバランスは、オートだと若干外すことがある気がします。

DP2 Merrill 作例5
≫ 等倍写真


夕刻、空の電線にカメラを向けて撮影。
F4.0での撮影ですが、街路灯から電柱・電線にかけてのクッキリ・ハッキリ感は凄まじいなあ・・・。

・・・というわけで、腕が無いのが悔やまれるけれど、「これぞDP2 Merrill」というような写真が撮れるよう、じっくり使い込んでみようと思います。
改めて、メーカーの 撮影サンプル を見てみると、凄すぎるなんてものじゃないな。。。

フジヤカメラのサイトで SIGMA 山木社長への独自取材動画 を見ましたが、SIGMAという会社は、「日本国内での物作り」にこだわっているのでぜひ応援したい会社です。(専用ストラップは中国製でしたが)
それに大企業病の会社と違って、「お客様ありき」の姿勢は素晴らしいと思います。これからも頑張って欲しいです。

■作例を追加しました!
 DP2 Merrillで秋葉原のビルを撮る

コメント

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>