1. ホーム > 
  2.  Education >
  3.  子育て

赤ちゃんが泣き止まない原因を考える

2012/12/31 - 子育てHoliday , 子育て , Book

20121231s

9月に第一子が誕生し、否が応でも子育ての世界を知ることになりました。そこには未知の世界が広がっていたわけで、ガジェットやデジカメの奥深さとは全く異なった子どもの謎を解くために、日々学習している状況です。

ちょうど3か月を迎えたところですが、今の時点で一番の謎は 赤ちゃんが泣き止まない原因 です。
今まで単純に考えていた「泣く理由」では片付けられない、理由が分からない泣きもあって、正直新しくパーティーに加わった 遊び人 の扱いに戸惑っています。

でも、戸惑っていても子育ては淡々と続くので、ここのところ経験した息子の大泣きから、3か月くらいの時期の赤ちゃん が泣く理由と泣き止まない原因を分析しておこうと思います。

1. 空腹を訴えて泣く

保護者に直訴する手段が「泣く」しかない赤ちゃんは、当然お腹が空いたら大泣きします。うちの場合は、空腹を主張している泣き方が分かりやすく、大泣きの前に「ウッ、ウッ、ウッ・・・」としばらくの間泣くのを我慢しています。確認のために、指を口に宛てがってチュパチュパ吸い付いてくれば空腹状態。こうなったら、素早くミルクを用意して 要望に応えます。

空腹を訴えている場合の泣きはあまり強い泣きではなく、空腹を訴えている悲しそうな泣き声です。放っておくと大声で切実に訴えますが、当然、ミルクがやってくればケロッと泣き止んでしまいます。

2. 鼻づまりが原因の不快感で泣く

鼻づまりで息苦しいとき、上手くミルクが飲めなくて泣いたりします。親が心配になるくらい「フガフガ」と鼻を鳴らしていても、それ自体では泣かないのですが、鼻づまりが原因で寝付けないとか、ミルクが飲みにくいとなると、急に嫌がって泣き出します。

そんなときは、赤ちゃん用の 鼻水吸引機 で優しく吸って取り除いてあげます。鼻の中が乾いている場合は、濡れた綿棒を当てて湿らせてから吸引すると、一気に取れたりします。
また、条件が許すなら、しばらく泣かせておくと鼻が湿ってきて鼻水が吸いやすくなります。放置していたら、巨大な鼻クソが口に乗っていた こともありました・・・。


3. 満腹が原因の不快感で泣く

ミルクを飲み終えて満足のハズなのに、グズグズと嫌がって泣くことがあります。大抵ゲップが上手くできていなくて苦しい、という訴えだったりします。

上手にゲップをさせるのは難しいのですが、肩に抱き上げる形にして背中を優しくトントンと叩く、という定番の方法でゲップをさせます。出なくてもしつこく軽く叩いていると、やがて 爆音とともに 出てきます。

4. 遊びたいと訴えて泣く

まだ3か月で歩けない息子は、食事後に「家の中を見せろ!」と主張します。大泣きではなく、焦れてきた感じの泣き方です。こうなったら、前向きに抱っこしてあげるか、抱っこ紐 で家の中を連れまわしてあげると、ご機嫌になって泣き止みます。
前向き抱っこがかなりお気に入りなんですよね。

5. 眠さを訴えて泣く

「家の中ツアー」が終わる頃、あくびをしたり、不満そうに泣き声を上げたら 疲れてきたという訴えです。不満そうなので、ちょっとイライラする泣き声です。

こうなったら、腕での横抱っこに変えて、ユラユラ揺れたり部屋をゆっくり歩き回るととすぐに眠ってしまいます。本当に疲れているときは、5秒くらいで寝てしまうので、のび太にも勝てるんじゃないか と思うくらいですが、のび太は 0.93秒 でした。上には上がいますね・・・。
意外と知らない知識「のび太が寝るまでの時間は0.93秒」

手が離せないときや、どうにも腕が疲れた場合は、ベビーラック に乗せて揺らしてあげることもあります。揺れが心地良いのか、ベビーラックの寝かしつけ効果は予想以上 でした。重宝。

6. 恐怖を訴えて泣く

大きな音に驚いて泣いたり、寝ているときに怖い夢を見て(?)突然大泣きすることがあります。大きな声でビービー泣き出す感じなので、どうかしたのかと戸惑いますが、安心させてあげると大抵は大人しくなります。

追記:「暑さ」で大泣きすることがあります。

7. 痛みを訴えて泣く

うちの息子が鈍感なのか、それとも 最近のオムツ が快適すぎるのか、「オムツが不快だ」という主張をほとんどしません。気が付くとオムツがパンパンだったりするので、少し将来が心配な(?)気さえします。

その代わり、ガスが溜まって苦しいとか、お腹がいたい、というときに苦しそうに大泣きします。ミルクを飲み始めたばかりですぐに泣き出したりするので、どうしたのか不安になっていると、特大のオナラ が出て急にニコニコしたりすることがあります。想像するに、余程苦しかったのでしょうか。

8. 原因が分からないが、とにかく泣く

火の付いたように泣き出し、あやしても抱っこしても泣き止まず、原因が分からないこともあります。コリック とか 黄昏泣き と呼ばれるものらしく、上記のどれも原因でなくともワンワンとギャン泣きします。

初めのうちは、どうしたのだろう?とかどこか痛いのでは?と異常に不安になりましたが、これはもう「そういうもの」と割り切るしかなさそうです。何故なら、努力を尽くしても酷く泣くので、精神的な疲労がとてつもない からです。

泣き止まないので仕事はできず、寝付かないのでイライラは募ります。こういうときは、やりたい事はあきらめる に限ります。赤ちゃん側の原因を探すより、苛々しないための方策を採るようにします。

うちの場合は、とりあえず泣き止ませるために、以下のことを試していきます。どれも効果は抜群で、かなりの確率で泣き止むのですが、不機嫌な場合は再び泣き出すことが多いです。

  • オムツ交換
  • お着替え
  • 足の運動
  • 硬めのビニール袋をガサガサ鳴らす

育児書の定番に シアーズ博士のベビーブック という本があります。
大泣きする赤ちゃんについても、気持ちが楽になる記述が多くて、役に立ちます。

こういった育児書を参考にするのも良いのですが、特に父親は「何か理由があるハズ」などと突き詰めて考えるより、「こういう生き物だ」と事実を捉えてから対処していく方が楽に育てられる気がします。まだ話せない赤ちゃんのことなので、気持ちを読み取るのは難しいですね。

コメント

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>