1. ホーム > 
  2.  IT and Web >
  3.  アプリ・サービス

ニコ動でのブルースクリーンにドライバ入れ替えで対抗する

2012/12/4 - アプリ・サービスIT , Windows

20121204s

家のパソコンは、未だにXP機が多くて、家族が使うマシンもXPなのですが、最近頻繁にブルースクリーンと遭遇します。しかも、ニコ動を観ているときか、閲覧中のサイトにニコ動のスクリプトで動画が貼ってある場合に限られます。

Windowsを永く使っている方なら、ブルースクリーンがどれほどの恐怖なのか 想像に難くないと思いますが、とにかく毎度ドキッとさせられるので、何とか対策をしてみました。

結局、完全な解決というより、取りあえずの対処でしかないのですが、試行錯誤を記録しておきます。

1. 原因はFlashプレイヤー?



兎にも角にも、Flashが嫌いな理由は、重くて動作が不安定だということに尽きます。最近はAjaxやHTML5のサイトが増えてきたので、Flashを見かけたり、作ったりする機会がめっきり減ってきたので、嬉々としていた矢先でしたが・・・、人生万事塞翁が馬。

調べてみると、Flashが原因で落ちることもあるらしく、ハードウェアアクセラレーションを有効化 のチェックを外せばクラッシュしない!という情報を入手。この憎きFlashめ・・・と設定を確認するも、そもそもチェックが入っていない。それどころか、アドオンの管理でFlashが起動しないように村八分にしてやっても、ニコ動がトリガーになってブルースクリーンになる。どういうことなのか。

2. グラフィックドライバー



さらに調べると、グラフィックカードが原因の可能性があるらしい、と判明。NVIDIA GeForce Driver 270.61以降 Flash動画再生でブルースクリーン発生 という記事を発見して確認すると、確かに事象が似ている。
ただ、このサイトで「発生しない」と報告されている285.58のドライバを使用している状況で、思いっきり不具合が発生しているので、ここは念のため古いドライバにしてみようとさっそく決行。

3. インストール失敗



現状のドライバをアンインストールした後、動作が安定しているらしいバージョン266.58をインストールすると、失敗「ドライバのインストールに失敗する」というQ&A を発見して、グラフィックカード本体に同梱されていたドライバのバージョンを入れることに。

今度は、Cドライブに保存されていたドライバの場所(C:\NVIDIA)から、バージョン260.99の実行ファイルを見つけてインストールすると・・・失敗
なんだろう、インストールをし始めて、「お、ドライバファイルは見つかったよ!コピーしてます・・・けど失敗ね!」というような挙動なので、どうにも納得できない。

4. Windowsインストーラを起動する



先ほどの煮え切らない挙動から、考えられる原因は・・・と探っても、素人には手出しできないので、古いパソコンをメンテナンスする不毛さ に嫌気が指していると、ふとLANケーブルを抜いて作業していてインターネットに接続していないことに気づきました。インストールの確認に通信なんかしていたら・・・と考えてケーブル挿入。
さらに、インストールに「Windows Installer」が影響しているのでは?と思い立ち、手動設定でサービス停止状態だったWindows Installerをサービス開始。

5. インストール成功



ネットに繋いだ状態で、Windows Installerも開始状態で作業すると・・・めでたくインストールが成功!ようやくGeForce 9800GTX+が正しく認識されました。
インストールした260.99は、確か何かの不具合のためにバージョンを上げた記憶があったので、動作確認されているという266.58にアップデート。一時はドライバが入らなくてどうなることかと思ったけれど、これでしばらく様子を見て、ニコ動と対決しようと思います。 お疲れ様でした。

コメント

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>