1. ホーム > 
  2.  IT and Web >
  3.  Wordpress

【WP】カスタムフィールドの値を取得し、文字数制限して表示する

2014/10/4 - WordpressWordpress

20141004s

WordPressの カスタムフィールド は、記事に様々な値を付加できる便利機能です。このカスタムフィールドに入力した値(文字)を取得・表示させるときに、文字数を制限する方法を調べましたので、メモしておきます。


関数の書き方

必ずしもこれが正しい!というわけではありません。ご自身のWordPress環境で動作確認してみてくださいね。

カスタムフィールドの値を取得する

まず、カスタムフィールドを取得して表示 するには、出力を意味する echo を使って以下のように記述します。

<?php echo post_custom(‘カスタムフィールド名’); ?>

カスタムフィールドの値を、文字数を制限して取得する

取得する値を100文字に制限 する場合は、文字数を指定できる mb_substr関数 を使って以下のように記述すると良いようです。

<?php echo mb_substr((post_custom(‘カスタムフィールド名’)),0,100); ?>

文字数を制限して取得し、カスタムフィールドでの改行も再現する

さらに カスタムフィールドに入力した際の改行も再現 したい場合は、出力時に <br /> タグを補ってくれる nl2br関数 を挟み込みます。

<?php echo mb_substr(nl2br(post_custom(‘カスタムフィールド名’)),0,100); ?>

・・・ということで、カスタムフィールドを使いこなす基本となりそうな書き方でした。覚えておきましょう。メモメモ。

コメント

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>